T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i リヤマスターシリンダー交換完了(暫定)

調整完了

f:id:t595bb1:20200529223251j:plain
f:id:t595bb1:20200529223303j:plain

朝から陽射しが強くのでジョギングは止めて残りの作業を進める事にしました。
マスターシリンダーの取り付けボルトのオフセットが異なるためペダルのレバー比を変更します。シリンダーの作用点も合わせます。
タンクの固定には前オーナーの遺産にウインカーを固定していたパイプクランプが見つかったので暫定措置で固定してフルードを入れたらエア抜きに暫く時間が掛かります。

f:id:t595bb1:20200529223245j:plain

陽射しが和らぐのを待ってガススタンドまで少し走ってみました。レバー比が変わったため効き始めに少し慣れが必要ですが、それ以外は今までのマスターとの違和感はありませんでした。ちなみに2号機のバックステップはT595のプロトタイプのためペダルのマスター固定穴は1つしかありません。

955i リヤマスターシリンダー交換未遂

直ぐに交換出来ると思っていました(^_^;

f:id:t595bb1:20200528222844j:plain

他車種用ですが落札したリヤマスターとキャリパーセットが送られてきました。
同じNISSIN14mmマスターだし取り付けボルトピッチも同じだから交換も直ぐ終わるやろーと思ってました・・・(^_^;。
オフセットが違うボルト位置とかはホース取り出し角度や長さが微妙に短いのは調整範囲内で大した事はありませんでした。

f:id:t595bb1:20200528222855j:plain

しかしタンク形状の高さが高くなり1号機はリヤサスのリザーバータンクホースの取り回しが邪魔してバッテリーボックスのボルト位置に固定出来ません。
※純正サスの取り回しならOK。
そこでタンクをシートレールの外側に置く事にしました。側線バンドでも構いませんがPクリップでシートレールに固定すれば邪魔にもなりません。
とは言えパーツも準備して無いし今日は時間切れです(^_^;。

元のパーツは内部部品のマスターカップ等を交換してOHします。

955i-2 ステアリング・チェック

ステアリング確認中

f:id:t595bb1:20200524111709j:plain

ガソリン補給のついでに整備したステムベアリングの様子見。
ベアリングレースにははっきり判る程の段付きがあった訳ではありませんが、パーシャル旋回で細かくステアリングが動く駄目っぽいテーパーローラーベアリングの動きがグリスアップのお陰ではっきりと・・・(^_^;。
制動時のフォークの動きや安定は良いけど直進時に緩やかにロールする感じ。
予備のステムを準備して早めに交換したほうが良さそうです。

f:id:t595bb1:20200524111649j:plain
f:id:t595bb1:20200524112112j:plain

右フォークシールから何やら滲みが。

1号機と同じく2号機にはAcewellメーターを取り付けています。

最初は問題なかったのですが信号待ちのアイドリング中にタコメーターの回転数が上がりたり下がったりする様になりました。停車時エンジンは正常にアイドリング続けてますし、走り出すと正常に回転数を示します。

今日から2号機でも症状が出始めました(^_^;。暖かくなって来るとタコメーター線にどっかからノイズ拾ってるんでしょうかね?

パールシーリゾートの対岸

f:id:t595bb1:20200524111703j:plain

パールシーリゾートの対岸にある公園は整備して作ったものの道狭い・駐車場が無いので歩いて来れる地元民以外は誰も来ない(^_^;)。

やっとガソリン価格が

f:id:t595bb1:20200524111655j:plain

都会が値上がりする頃になって価格がちょっと下がりましたねw。

955i-2 緊急ステムベアリング・チェック

やっと外れた

f:id:t595bb1:20200523115002j:plain

f:id:t595bb1:20200523114945j:plain

純正工具が出来が悪くて使い物にならなかったため、別途英国から購入した社外品のステムピンレンチがやっと届きました。
今度は抜けそうにないピンが6個付いて期待が出来ます。早速ブレーカーバーにレンチを装着して一発で緩めました。ただブレーカーバーじゃないと最初の固着っぽいのが剥がれませんでした。どんだけ放置されてたんでしょうかね?。

 

ステムベアリングの状態

f:id:t595bb1:20200523114931j:plain

上下ベアリング共に一見、正常そうでグリスは古くなったのがたっぷり・・・。
上側はテーパーローラーに交換されてたのである程度の距離で交換・整備された後で放置してたかもしれませんね。その他の車体の修復や整備状態から見てもそこそこ手入れされてたみたいです。

ハンドルストッパーの加工痕

f:id:t595bb1:20200523114923j:plain

もっともステム側のハンドルストッパーが削られており1号機とはハンドル切れ角が左右で違う理由が判明しました。
フレーム側は酷い窪み痕は無いので削った理由は不明。車体の右側(ラジエーターたクラッチカバー)に転倒痕が有りますが削るなら左右で揃えて欲しいものです。

 洗浄後の状態

f:id:t595bb1:20200523114939j:plain

予備のステムはありますがベアリングなどの準備してないのでこのステムを洗浄後にグリスアップして戻します。
洗浄してみると長年放置された影響で上のベアリングレースは錆と下のレースはローラーの当たり痕があります。
下側のレースは段差があるのでベアリングプーラーで外し易いのですが、上側のレースは段差が一部しか出ておらずプーラーの爪の掛かりが悪そうです。
純正のボールベアリングなら簡単に外せるんですがね・・・。古いグリスをパーツクリーナーで全て洗浄してから新しいグリスをローラーに塗り込みます。短期間の予定なので普通のリチウムグリスです。

f:id:t595bb1:20200523115010j:plain

上下共にテーパーローラーベアリングの場合は純正の締め付けトルクが参考にならないため適当に締めて戻しますw。上下ブラケットにフォークが抵抗無く通る様に調整して下ブラケットとフォークを仮留めします。フォークの突き出しを合わせてホイールとブレーキキャリパーを取り付けてフォークのバネ下を組み上げます。
ステムナットを締める前にブレーキキャリパーのセンター調整のためシャフトとフォークの並行を微調整しました。
タイヤを接地させて自重を与えてからステムナットを締めてフォークブラケットのボルトを本締めします。
フォークの整律とかありますが詳細はベアリングを交換してから考える事にします。

ちきゅう巡り

地球深部探査船「ちきゅう」

f:id:t595bb1:20200522105013j:plain

交換したクーラントの冷却機能確認に定期点検中の地球深部探査船「ちきゅう」の周りを巡ってみました。一方は海なので半周程度ですがw。
近くに寄ってみると巨大なタワーというか堀削リグの高さが目立ちます。

f:id:t595bb1:20200522105738j:plain
f:id:t595bb1:20200522105749j:plain

今日はそれほど気温が上がってないのか市街地でも冷却ファンが回る温度までは水温は上がりませんでした。

955i クーラント&ウォーターポンプシール交換

1号機のクーラント交換準備

f:id:t595bb1:20200520230302j:plain

2号機のクーラント交換ではリザーバータンクの洗浄を忘れていたため1号機は先にタンクを外しておきました。
タンクを抜くにはシートアンダートレイの固定ボルトを外す必要があり、固定ボルトへのアクセスのためにはシートカウルを外す事になりますw。
作業していたらリヤスプロケットの摩耗した歯先が目に訴えてきますが取り敢えず無視しておきます(^_^;。

英国からお届け物

f:id:t595bb1:20200520230310j:plain

純正部品の代替部品としてウォーターポンプのシールとリヤハブのゴムダンパーをEbayで購入したものが届きました。
Webikeで購入した純正部品と比較してみましたが見た目は同じに見えます。
ゴムダンパーは12年物の純正品よりは弾力が有りそうです。
受け取ってクーラント交換作業を始めます。

 

クーラント交換作業

f:id:t595bb1:20200520230340j:plain

2号機と同様にシリンダーのドレンとウォーターポンプの接続ホースを外してクーラントを抜きます。色は青です。M6のドレンホールは中央には空けない仕様なんでしょうか?。WAKOSのクーラントブースターを使って3年以上延命してきたためちょっと臭いがきついです。

50000km越えウォーターポンプシール

f:id:t595bb1:20200520230318j:plain
f:id:t595bb1:20200520230407j:plain

純正部品も社外品も揃ったので50000km越えたウォーターポンプの蓋を外して内部を確認してみます。ポンプシールは潰れて真っ平らですね。
インペラーはそれ程でもありませんでしたが、蓋のバックプレートを捲ったら一面に錆っぽい何かが付着していました。取り敢えず汚れや付着物を落としてからシールを交換して組み付けます。

純正品と社外品

f:id:t595bb1:20200520230348j:plain

オレンジ色のポンプシールとポンプドレンになっているM6ボルトの銅ワッシャーをシャガ品のものに交換しました。見た目からは純正品との違いは判りません。

ここまで外したら変えたほうが良かったかもしれませんがポンプ差し込み部のOリングはそのままです。なんとなく。

※マニュアルではポンプアッセンブリーごと引き抜いて点検してシール類を交換します。

リザーバータンク洗浄

f:id:t595bb1:20200520230328j:plain

 同じ2001年式のスピードトリプルですがリザーバータンクのリターンホース取り付けが変更されていました。どうでも良い話ですがw。

1号機を作業した後で忘れていた2号機のタンクも外して洗浄し新しいクーラントを入れておきます。

2号機のは正体不明の沈殿物が残っており1度程オーバーヒートさせたのかもしれません。

排出したクーラントは2号機と同様に吸水剤で固めておきます。

  

TUNEECUチェック

f:id:t595bb1:20200520230501j:plain

TUNEECUを接続してサーモスタットが開く温度付近まで暖気してから、各動作テストを実行させて作業は完了です。試走はまた別の機会にでも。

955i-2 クーラント交換

2号機のクーラント交換は不要だった・・・

f:id:t595bb1:20200520230454j:plain

交換用のパーツが揃ったので2号機のクーラントを抜いてみました。滅茶滅茶綺麗ですやん・・・損した気分(^_^;。
しかし、ドレン穴位真ん中に開けようよ・・・。M6の銅製ドレンワッシャーは予備が見つからなかったので削って再利用しました。
懸案だったウォーターポンプも少ししか錆びておらず蓋を取るのは止めました。

クーラントと吸水剤

f:id:t595bb1:20200520230508j:plain

水で洗浄して新しいクーラントと入れ替えます。入れ替えてからリザーバータンクのクーラントの方を抜くのを忘れてました。
まあ同じエチレングリコール系の色違いで混ざるだけなので機能的には問題はありませんが(^_^;。

分量は最初に水:不凍液を2:1の割合でペットボトル1.5L分作った後は同じペットボトルに適当に混ぜたものを継ぎ足しました。寒冷地では無いので適当です。
エアが出なくなるまでクーラントホースを押して混ぜたクーラントを継ぎ足しを繰り返します。水温を上げて循環させて継ぎ足すを繰り返して充填しておきます。
古いクーラントと洗浄した水は段ボール箱に入れた厚手のビニール袋に新聞紙とミックスした高吸水樹脂を入れて固めました。

翌日

f:id:t595bb1:20200520231506j:plain

1号機のクーラント交換後に2号機のリザーバータンクを外して内部を洗浄し新しいクーラントを補充しておきました。