T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i 予定外で

BFF入手

f:id:t595bb1:20210409131600j:plain

まさか落札出来るとは思ってなかった2018年式のZX-10R用BFFを入手しました。
安くはありませんでしたが新車取り外しでほとんど未使用の状態なら安いものです。
入手した当初はブレーキキャリパーピッチが100mm以外はBPFとほぼ共通だと思っていました。後で大きな見落としに気が付きました・・・(^_^;)。

キャリパーピッチは100mmなので2号機のBremboを移植しないといけませんので一時的に2台共走行不能になります。ブレーキホースはバーハンドルに対応して少し長いですがそのまま流用する事にします。アクスルシャフトの形状は同じなのでZX-12Rのアクスルシャフトは問題なく装着出来るとは思いますが。

BFF取付前に

f:id:t595bb1:20210409131220j:plain

キャリパーピッチを100/108mmのどちらかに統一してくれれば作業は簡単だったのですが、アキシアルマウントキャリパーの頃と比べたら種類が少なくなり遥かに流用がやり易くはなりました。フォークの交換前に両車のブレーキシステムを取り外しておきます。
マスターからキャリパーまでホースを繋いだまま取り外しました。

BFFとBPF

f:id:t595bb1:20210409131227j:plain

外見形状の違いは置いといてもZX-10R用の2018年式BFFと2011年式BPFの違いですが、インナーチューブ長が115mmから122mmに伸びています。
トップキャップ-アクスル長は735mm→740mmになりサグが増えてリバウンドストロークが長くとれそうです。アウターチューブ径は50/55mmでBPFと同じ。アクスルシャフト径も32/28mmと変わらず。

BFF設定

f:id:t595bb1:20210409131234j:plain

車体への取付作業自体はBPFと同じで特に問題もありませんでした。取付寸法は1Gでフォークのトップブリッジ-アクスルまでの長さをBPFと同じにするために突出し量が変わります。

突き出し :19.5mm(トップブリッジ上面からトップキャップまで)
1G取付長 :695mm(トップブリッジ上面からアクスルまで)
1G状態サグ:25mm(122-97mm)

この時のフォーク設定は入手時のままです。
プリロード:最弱から6回転締込(標準6)
伸側減衰 :最強から2.15回転戻し(標準2.15)
圧側減衰 :最強から3.15回転戻し(標準1.0)

油面   :未計測(標準160mm)

330mm?

f:id:t595bb1:20210409131255j:plain

NISSINとBremboキャリパーのマウント形状が異なるためNISSINに使っていたキャリパースペーサーが使えない事が判りましたが、取り付けてみると320mmディスクの端からパッドが4mmほどはみ出していました。
2018年ZX-10Rのディスクサイズを確認すると310mmや320mmではなく330mmになっていた様です(^_^;)。
はみ出し量は4mmほどですがパッド接触面が32mm程度で外周4mmもはみ出てるのも問題があります。
実際に330mmディスクを入手して取り付けてみないとパッドの接触面との位置関係は不明です。

f:id:t595bb1:20210409131212j:plain

現行モデルのキャリパーはM50やStylemaになっていますが、100mmピッチのBremboの寸法はピストン径と重量以外はM4と変わらないと思われます。

待機中

f:id:t595bb1:20210409131242j:plain

Ducatiホイール互換の6穴/PCD80mm/ID64mmに対応した330mmディスクが見つかりましたので発注しました。取り敢えず届くまでは2台共待機中ですが、暫く乗れないのも勿体ないので一旦元に戻します。

BPF戻し中

f:id:t595bb1:20210412225955j:plain

330mmディスクの調達に時間が掛かりそうなので速攻でBPFに戻しました。