T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i エア漏れ

ハンドル交換

連休が明けた平日の夕方。

1号機のハンドルをバーハンドルからセパレートハンドルに交換しました。

以前からセパレートハンドルにしたりバーハンドルにしたりを繰り返してましたし、Hayabusaのステムに変更してから一時期Hayabusaのセパレートハンドルを使ったりしていました。

どちらもメリット・デメリットがありますが、交換自体はただの気分屋ですw。

1号機にカウルを装着してフォークスプリングも変更したので、前傾姿勢にする事でカウルの効果を上げるのと前荷重を更に増やしてみてBPFフォークの再度セッティングする事にしました。

youtube.com

ポジション変更

レバー類がカウルに接触しない位置までハンドル固定位置を下げ、トップブリッジ面に対してハンドル垂れ角を0度にしてグリップエンドを上げて前傾姿勢をなるべく緩やかにします。セットバックされたバーハンドルから比較すると前傾姿勢はbb1と変わらない感じになりました。

前傾姿勢に合わせてステップを1cm後方に移動し、シートが滑り易いためbb1に使う予定だったタンクの滑り止めパッドを貼ってブレーキングで身体が前に滑らない様にしました。

試走中

元のバーハンドルのバーエンドが移植出来ない事が判明して、取り敢えずバーエンドを買いに近所の用品店まで走ってみます。いつもの波止場から用品店に移動してPOSH製の汎用バーエンドを購入。

bb1よりタンクが長いため前傾姿勢は大きくなりましたがbb1よりは脚の曲がりに余裕があるせいかキツさは感じません。

前輪の微妙な動きが判るせいか少々動きが敏感で良過ぎる感じ。極低速→一時静止でのバランス取りとUターンでのハンドルバーとタンクの隙間が狭くて手首が当たります。

エア漏れ

以前から1号機のリヤタイヤの空気圧が徐々に漏れているのは判っていましたが、漏れてる箇所が不明のため、簡単なエアバルブコアを交換してみました。

もっとも在庫のエアバルブは新品でもかなり古いものですし、交換済みのコアもあるためあくまで原因調査のためです。

2日後確認すると以前より漏れが酷くなっていましたw。

交換後バルブからのエア漏れを確認するために中性洗剤を混ぜた水を掛けてみます。普通はバルブ穴だけですが、量が多くて外側に漏れてしまいました。そうしたらバルブの外側からもエアが漏れています。

エアバルブ自体を交換する必要がありますが、海外製のマグホイールは純正の11.5mmより穴径が小さい8.5mmになります。在庫の有るのを確認してゲイルスピード製品を発注しておきました。

部品が届くまで1号機も暫くお不動様ですね(^_^;)。

youtube.com