T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

タンク開腹中2

黄タンクから

イメージ 1
二代目のT595を購入した時のオリジナルタンクは黄色でした。
金属コネクタに交換して一時期955iに使用していましたが外して保管していました。新しいせいかホール類は問題無さそうです。
赤タンクは抜け防止に長いホースを使っていたため脱着に難儀しましたが、こちらはオリジナルの短いホースで簡単でした。ただしこちらも抜け防止にロッククリップから締付の強いジュビリークリップに変わっていますね。何時変えたのか忘れました。
簡単じゃ無かったのは漏れ防止に塗っていた液体ガスケットが張り付いてしまい、スクレーパーを打ち込んで漸く外れました。パッキンは再利用出来ませんね(^^;。

配線折れ

イメージ 2
赤タンクと同様にコンパウンドでタンク表面を磨いていたら、タンク底部に取り付けられている燃料警告センサーの配線が折れていました。フロート式ではなくただのサーミスターですから放置しておきますか。

カスタムスペーサー到着

イメージ 3
NPSに依頼していたスペーサーが届きました。GSX-R600K1のアクスルシャフトの締付トルクは100Nm(955iは60Nm)にもなるため、今回はステンレスで作成しました。
まあ、ここのトルクは実際に955iに取り付けて確認しながら上げていく事になりますが。