T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i/955i-2 近所散歩

九十九島観光公園

f:id:t595bb1:20210721212910j:plain

f:id:t595bb1:20210721212204j:plain

しばらく乗ってなかった2号機の動態確認も兼ねて新しいスマホのカメラ性能の確認に新しい観光公園まで。晴れた日は西の九十九島から南の大島まで良く見えます。
新しいスマホはFHD+を生かしたワイドな画角と10倍ズームはなかなか便利です。
手ブレ補正が無いのとAIモードは色の強調が強いのとポートレートモードの周辺ボカシがプラモデル感が出てしまうところが難点と言えば難点ですが使わなければ良いだけですし。

ポートレートモード

f:id:t595bb1:20210721212805j:plain

SSKのドックヤード傍の空き地。周辺をぼかすポートレートモードはなんだかジオラマのプラモ感が(^_^;)。

AIシーンモードOFF

f:id:t595bb1:20210721212355j:plain

f:id:t595bb1:20210721212549j:plain

青空だからと青を強調し過ぎなのでAIモードはOFFにしました。

田平公園

f:id:t595bb1:20210721211852j:plain

夏は日中の気温が上がって暑いため本当は夜明け前に走って昼前に帰るのが理想なんですが、仕方なく1号機で午後の最高気温35度の中出掛けます。
と言っても田舎なので信号の無い標高の高い道路(と言っても400m位)と信号の無い北松やまびこロードを繋いで平戸口の田平公園まで。
本当は西側の海沿いに出たかったのですが田平の周辺は海側に降りる解かり易い道が全く見つからずごみ処理センターに行き着いたりして諦めて公園にしました(^_^;)。公園からは平戸島を繋ぐ平戸大橋を俯瞰する事が出来ます。

何時もの波止場に

f:id:t595bb1:20210721211922j:plain

標高が高ければ順調に走ってる最中はそこそこ涼しいのですが、戻ってきた市街は信号待ちで冷却ファンが回り出して暑さがいや増して駄目ですね(^_^;)。

機種変更からのTuneECU登録

機種変更

f:id:t595bb1:20210715170955j:plain

梅雨明けしそうな暑い日が続いたり突然にわか雨が降ったりと日中はバイクを整備したり乗って出掛ける気も起こりません。
4年間ほど使い続けたスマホのバッテリーが持たなくなったので薄くて軽い最新機種のスマホに乗り換えました。

f:id:t595bb1:20210715171856j:plain
f:id:t595bb1:20210715171902j:plain

重量も軽くなりカメラは最大6400万画素になって広角から10倍ズームまで使えます。

f:id:t595bb1:20210715171909j:plain
f:id:t595bb1:20210715171916j:plain

もちろんスーパーマクロも出来ますw。
新しいスマホへの環境移行は幾つかは手間でしたが特に問題な有りませんでしたが、Android版のTuneECUはライセンス登録制になったのでそちらも対応しておきました。
登録制といってもライセンスの支払いはGoogle Playの購入時のみでその通常ライセンスで5台までのバイク登録が可能となっています。それ以上の台数は別途ライセンスの購入かは知りません。

未登録時のTuneECU画面

f:id:t595bb1:20210715170718j:plain

初回起動時にライセンス保存フォルダ指定やメールアカウント(Google登録時のメールアカウント)を飛ばすと画面左上に「Unresistered」未登録と表示されます。
この状態ではTuneECUに対象のバイクが登録されていないためエラーコードのリセットやTest&Adjustmentが実行、センサー画面が表示出来ません。
全ての機能を使うにはTuneECUサイトのサーバーにメールアカウントの登録を行ってからバイクの情報を登録する必要があります。

メールアカウント登録

f:id:t595bb1:20210715170707j:plain

https://tuneecu.net/TuneECU_Android/Basics_Android_Version.pdf

に従ってTuneECU起動時にライセンスファイル保存用フォルダの作成を行い、次にインターネット接続環境下でアカウントの選択画面が出たらGoogle登録時のメールアカウントを選択します。登録が完了すればUnresisteredの文字は消えます。

バイクへの接続

f:id:t595bb1:20210715170552j:plain

まずは1号機のODBIIコネクタにBluetoothドングルを繋いでBluetoothバイスとして認識させてからスマホのTuneECUをバイクのECUと接続(Connect)します。

バイク登録

f:id:t595bb1:20210715170621j:plain
f:id:t595bb1:20210715170616j:plain

バイクが登録されて居なければ登録ダイアログが表示されますので「YES」で登録します。次にこのバイクを登録するか確認ダイアログが出るので「YES」をクリックします。

登録申請の許可

f:id:t595bb1:20210715170632j:plain

TuneECUサイトへ情報を送付するか確認ダイアログが出ますので「Allow」をクリックします。これで1台目の登録が完了しました。

画面表示の確認

f:id:t595bb1:20210715170641j:plain
f:id:t595bb1:20210715170636j:plain

TuneECU画面を切り替えてセンサー画面が表示可能である事。
ECUメニューからエラーコード(Error Codes)ダイアログの表示と「ERASE ERROR CODES」コマンドの表示がある事。
ECUメニューからTest&Adjustmentがクリック可能である事を確認します。

2台目登録

f:id:t595bb1:20210715170605j:plain

f:id:t595bb1:20210715170651j:plain
f:id:t595bb1:20210715170646j:plain

1号機に引き続き2号機も登録しておきます。2台登録したら残りは3ライセンスですが、そんなに使わない気がします(^_^;)。

955i ハンドル周り

ハンドル切れ角について

f:id:t595bb1:20210709131534j:plain
f:id:t595bb1:20210709131543j:plain

ハンドルポストのセットバックが異なるため判り難いですが1号機と2号機では若干ハンドル角度が異なります。フォークスパンは214mmと同寸ですから1号機の外付けハンドルストッパーの厚みを再調整すれば少し絞れると思います。

バーハンドルでは取り回しの際にフルロックの切り返しにもう少し切れ角が欲しい感じですがセパレートハンドルに交換した場合に此位の切れ角だと指が挟まらない気もします。

レバー比が?

f:id:t595bb1:20210709131251j:plain

1号機のブレーキシステムはFrandoのラジアルマスターΦ17.5とM50キャリパーの組合せ。2号機の組合せと比べると無効ストロークが大きめ。
ブレーキレバーの無効ストローク確認のためにブレーキパッドがピストンを押し出す油圧の立ち上がりに影響する条件を調べます。
1.マスターのレバー比(レバーピボットとプッシュロッドの距離の違い)
2.マスター・キャリパーのピストン比(マスター径の違い)

まず1.を調べようと保管中のFRANDOのレバーで試そうとしたら4本のレバーは全てピボット・ピストンロッド間は19mmでした(^_^;)。
現在バイク本体に装着中のレバーの中にはもしかしたら違う距離のレバーがあるかもしれませんが未確認です。ピボット間の距離を変更出来るアジャスタブルレバー(18mm~21mm)かもしくは他社製のブレンボ互換レバー(L16,18,19,20mm)から選ぶかですが無効ストロークとは関係ない感じです。

捩じ切れた

f:id:t595bb1:20210709131258j:plain
f:id:t595bb1:20210709131303j:plain

取り敢えずロングレバーからショートレバーに変更して自作のブレーキSWを取り付けてたらSW本体をマスターに固定するM4ユニクロボルトが何時までも締まらずクルクル回った結果捩じ切れましたw。

適当に

f:id:t595bb1:20210709131158j:plain

適当にブレーキSWを押すアルミプレートを作り直しました。後でステンの皿ネジを購入して交換します。

キーシリンダーホルダー交換

f:id:t595bb1:20210709131130j:plain

ハヤブサ純正からTop Yoke製トップブリッジに交換した当初は6mm厚のホルダーではM8x20mmのラウンドナットでは長さが長過ぎてハンドルロックが掛からずホルダー用のプレートを試作の薄いものに交換しました。

今回、新たにラウンドナットM8x15mmを購入できたのでプレートを6mm厚のものに戻します。トップブリッジのスタッドボルトが10mmあるせいか超低頭ボルトが入らずワッシャーを追加するなど調整が必要でしたがハンドルロックは正常にロック出来ました。

f:id:t595bb1:20210709131136j:plain

現状でもハンドルロックが掛かるため問題は無いのですがキーシリンダーがトップブリッジより若干下がっています。
ホルダープレートが6mm厚の場合、トップブリッジの上面までキーシリンダーを上げるにはナットの適正長は10mm以下と思われます。ただしトップブリッジのスタッドボルト自体が10mmあるため、これ以上短くするなら直接スタッドボルトにネジを掛けるM8x15のバレルナットを使うかですが、このままでも車検通りそうなのであんまりやる気が湧きませんw。

ロング・ショート

f:id:t595bb1:20210709130747j:plain
f:id:t595bb1:20210709130737j:plain

ラジアルマスターのドッグレッグレバーのロングとショートレバーの無効ストロークの比較です。引き代が変わる訳では無くレバーを引き"絞る"際に薬指と小指の掛かりを重視していますのでドッグレッグレバーの形状の違いが握り方に影響してきます。

画像でも判る様にアクセルグリップの圧力は主に人差し指と中指の付け根に掛かります。なのでアクセルを戻す起点は人差し指側から始まり肘を上げてブレーキレバーに指を掛けていきます。無効ストロークをキャンセルしてレバーを絞り込んで行く指はドッグレッグレバーの形状に合わせて小指側を絞る感じになります。あくまで自分の場合はですが。なのでバーハンドルと手首の角度次第ではショートレバーの方が都合が良い訳です。セパレートハンドルの場合はまたハンドルの絞りや垂れ角を調整する事でレバー形状の選択肢もまた変わってきます。

まあ精密に制動力をコントロールしてるかと言うと全然違いますがw。

適当ブレーキSW

f:id:t595bb1:20210709130801j:plain

ブレーキSW本体固定ネジをM4x40のステン皿ネジに交換しました。SW本体とサポート用のアルミ板が密着する程度ですけど。プレートの廻り留めはマスターとSWプレートの間に挟む樹脂ワッシャーしかありませんので締付けは高めです。

おまけ

f:id:t595bb1:20210709130754j:plain

SharkヘルメットのSkawl 2を愛用していますが帽体の曲面が複雑でアクションカメラを固定する台座の両面テープが持ちません。チンガードに貼り付けていた台座のテープが駄目になったので右頬当部に移設したのですが古くて粘着力が落ちていたせいか直ぐに剥がれてしまいます。仕方なく厚手の超強力両面テープを使って貼り付けてみるものの直ぐに剥がれてしまうため、何度か貼り付け位置を変えて耐久試験を実施中ですw。現在2枚目ですが12時間経過してまだ剥がれていません。

955i フォーク突き出し変更

かなり暑い

f:id:t595bb1:20210702142345j:plain

今年はまだ長期間に渡って雨は降っていないせいか昼間は気温が上がって暑いです。
午後の暑さに出掛ける気力は無くてもフォークの突き出し位の作業はやれます。
当初参考にしたSpeed Triple1050のSHOWA製SFFタイプの倒立フォークの0G/1Gのフォーク長に合わせました。最終的に1mm突き出してトップブリッジ上のフォーク突き出しは25mmになりました。

試走中w

f:id:t595bb1:20210702142355j:plain

手抜きでメッシュ革パンでは無くジーパンで走り出したら低温やけどしそうな感じでした(^_^;)。

試走は前回マスクを忘れて駐車場でUターンした三川内のパティスリーヒロまで。
車体の傾きに対するハンドルの舵角の明確さより前輪周りの落ち着きと旋回性はっきりと違いが現れてました。

f:id:t595bb1:20210702142402j:plain

ドライアイスを追加して中のものが動かない様にして頂いて助かりました。

955i 鬼木の棚田

蒸し暑い

f:id:t595bb1:20210629222634j:plain

東彼杵方面へ走り出しましたが街中では蒸し暑くて水温がじりじり上がっていくので道が空いてる波佐見方面へ。
田植えの終わって苗の緑色が綺麗な鬼木の棚田まで走って涼んできました。

f:id:t595bb1:20210629222643j:plain
f:id:t595bb1:20210629222652j:plain

雲が多く陽射しが遮られたお陰で斜面を吹く風も涼しく感じられました。

f:id:t595bb1:20210629222700j:plain

一昨日に2号機で走ってからハンドルの角度を少し修正しました。
普通にツーリングする分には良いですが少し垂れ角を付けると極低速のUターン時の取り回しが更に苦手になりました(^_^;)。

 

955i-2 道の駅 厳木(きゅうらぎ)

厳木まで

f:id:t595bb1:20210627211905j:plain

アップハンドルに交換しポジションが変わったため身体の馴らしに少し距離を走る事にしました。
特に行き先は無かったのですがニュースで見掛けた果実入チーズケーキを買いに道の駅 厳木(きゅうらぎ)まで県道を繋いで走ります。

曇空?

f:id:t595bb1:20210627211911j:plain

ここ最近は明け方に小雨が降って上がり、午後から晴れるパターンが続いていました。
本日は雲が多くてもしかしたら夕立があるかもの予報です。
道はローカル県道を繋いで走ったせいか交通量も少なく快適でした。

道の駅 厳木

f:id:t595bb1:20210627211917j:plain

途中で山越えする県道を走って道の駅に到着。
以前来た時よりは混んでいませんね。

目的の果実は季節外れで買えませんでしたが、違う果実入の同じものを購入しました。

復路は別の県道を走りましたが、ほとんど交通量も無く順調に走る事が出来ました。
曇っていた事もあり走っていれば涼しくて助かりました。

アクションカメラホルダー

f:id:t595bb1:20210627211923j:plain

チンガードに装着していたホルダーの両面テープは接着面が小さくて剥がれてしまいました。
代わりに頬当て部に新しいホルダーを貼り付けてみました。ただしアームの角度が悪くて画角が下過ぎてしまいアームを買い足す必要がありそうです。

955i-2 バーハンドル復活

バーハンドル戻し

f:id:t595bb1:20210627211752j:plain

乗り難いためセパレートハンドルから幅広のバーハンドルに戻しました。ハンドルポストは元ストリートトリプルを使います。

f:id:t595bb1:20210627211758j:plain

バー端カット

f:id:t595bb1:20210627211807j:plain
f:id:t595bb1:20210627213007j:plain

Triumph純正ハンドルより幅広のハンドルバーの端をカットする踏ん切りが付きませんでしたが、やっとカットしました。