T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i-2 最終調整中

試乗中

f:id:t595bb1:20211022165256j:plain

午後から天気が回復してきたのでヘッドライトの光軸を合わせてガソリン補給ついでに試乗してきました。
光軸調整でバッテリーを使い過ぎたらしくいざ出発しようとしたらセル回らなくなりエンジン掛からず。1号機からバッテリーを移植しました(^_^;)。

振動テスト


www.youtube.com

住宅地を走る道路は補修跡やマンホールで凸凹した路面が多いのでライトユニットが振れないか確認するにはもってこいの道ですw。

いつもの波止場が

f:id:t595bb1:20211023215102j:plain

混雑していたので駅裏のフェリーターミナル近くの並木通りにて。

補強した効果でライトはT595カウルと違って全く振れませんでした。耐久性はまだ未知数ですが市街地程度であればギャップ踏んでも問題は無さそうです。

反面、先端重量が増えた分フロントフォークの動きが少し穏やかになりました。

最終調整

f:id:t595bb1:20211023214320j:plain

前日の試乗でステーに強度的な問題はない事が確認出来ましたので、目立たない様にするため一度ステーを部品に分解します。

黒塗り中

f:id:t595bb1:20211023214214j:plain

見た目気にせず黒く塗るだけなので適当に脱脂した後でミッチャクロンを吹いてから黒のアクリル塗料のスプレーを使います。艶消しでは無く艶有りです。傷ついて剥がれても構わないためクリアは吹きません。今日は風が強いものの天気が良いせいか直ぐに乾きました。

塗っただけで

f:id:t595bb1:20211023213741j:plain

ヘッドライトのカバーみたいなのが有れば良いのですが、取り敢えず黒色にして少しは目立たなくなったかも。

16mmクラッチレバー納品

f:id:t595bb1:20211023213956j:plain

注文したものの納期が掛かってほぼ忘れてたのが急に納品されました。
購入したのはACCOSSATO製クラッチレバーでFRANDO純正レバーより作用点支点間の距離が短いものです。
この作用点支点間の距離を変えればレバーストロークの増減と引き換えに引き代の重さが代わります。
本当はブレーキマスター側の無効ストロークをどうにかしたいのですがそれはまた別の話です。今回はクラッチレバーの重さが軽くなるかと試しに買ってみました。
握ると心持ち切り始めが軽くなったかな?って感じ。実走してシフト操作を行わないと良く判らない感じです。
引き代が軽くなってもシフト操作に支障が出るようなら本末転倒ですし。

955i-2 シュモクザメ

動作確認中に

f:id:t595bb1:20211022074958j:plain

朝方から雨が降ってなかなか作業が進みませんでしたがYZF-R6のヘッドライトユニット取り付けと配線を終えて動作確認に車体の周りを巡ってみました。


www.youtube.com

何となく大きなヘッドライトがシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)っぽい感じがします(^_^;)。

昨日の続き

f:id:t595bb1:20211022074513j:plain

重量のあるヘッドライトユニットの振れを抑えるために2つの部材L字アングルとU字のアルミチャンネルをボルト(中央)で連結しました。
しかしこのボルトを追加しても振動によるヘッドライトユニットの振れを抑えきれませんでした。

さらに補強

f:id:t595bb1:20211022074634j:plain
f:id:t595bb1:20211022075042j:plain

問題は上側のL字アングルと固定しているだけで上下動によってヘッドライトユニットが固定箇所を中心にスイングしてしまう事です。
そこで下側のL字アングルに向かってメーターステーから支え棒を伸ばして上下で固定する事にしました。
ライトユニットに光軸調整機構を内蔵しているのでユニットを固定しても影響有りませんし。

またメーターステーのボルト部の外側と内側に補強を通すかも検討しました。
あまり目立たせるのもと思い取り付けが面倒になりますがステーの内側に通す事にしました。
内部には配線が収まっている事も考慮して薄い2mm厚のアルミ板を曲げて支え棒にします。2mmなので指で押すと曲がる程度の強度しかありませんが振れを抑える程度ならこれで問題ありません。

ライトバルブ選定

f:id:t595bb1:20211022074744j:plain
f:id:t595bb1:20211022075242j:plain

ポジションとヘッドライトバルブの配線はスピードトリプルの配線とソケットをそのまま流用します。ポジションはLEDとH4バルブにはハロゲンを使いますが何となく合わない感じがします。

試しに以前使っていたLEDバルブに交換しました。
冷却ファンの熱排出口があるソケット背面にはゴムカバーが被っていますし、反射板への影響も気になりますが取り敢えず使ってみる事にします。

フルロック確認

f:id:t595bb1:20211022075156j:plain
f:id:t595bb1:20211022075231j:plain

ハンドルを左右に切ってフルロックを確認するとブレーキホースが補強ステーに接触するため少し削りました。

これでYZF-R6ヘッドライトを車体への取り付けと動作確認は完了しました。
実走に出掛ける前に光軸を調整しないといけません。試乗に出掛けるのはまだ先ですね。

955i-2 ちょっと寄り道2

YZF-R6ヘッドライト

f:id:t595bb1:20211020150802j:plain

思い付きで倒立フォーク仕様のスピードトリプルにT595カウルを装着した以降もカウル装着可能なヘッドライトを色々と探していました。
しかし最近の2灯ライトのモデルは片側点灯のH7バルブ仕様がほとんどで両灯点灯可能なH4バルブ仕様の安価なライトユニットはあまり見かけませんでした。形状も先端が長い三角形状のユニットが多いですね。またオークションで安価なものは爪折れや転倒痕や割れ・欠けがほとんどです。
たまたまオークションで目に止まった1999-2002 YZF-R6のライトユニットが破損も無く安かったので落札してみました。届いたライトユニットは左右H4バルブ仕様で重量約1.5kg。照射範囲は広そうですがユニットの幅47cmは結構幅が広いです。フルカウルのT595ライトやスピトリのライトでも幅40cm弱ですから。

取り敢えずアルミ板でステー作って仮留めする方法でやってみます。

ヘッドライト固定方法の検討

f:id:t595bb1:20211020145325j:plain

R6のライトユニットはスピードトリプルと同じくステムから伸びた鋳造アルミのライトステーに4本のM6ボルトで固定されます。
差し込み口はH型ラバーワッシャーでフローティングされるためH型ラバーワッシャーも必要になります。方法としては以下を検討中

1.R6純正ライトステーを流用
2.スピトリの円筒形部品にマウント
3.ライトステーの新規作成

まずは各部の採寸を行います。

ヘッドライト位置決め

f:id:t595bb1:20211020145432j:plain

1,3は別途費用と手間が掛かりそうで2の既存部品を使って必要な金具を作成する事にします。

測定した寸法に合わせて市販のL字アングルを加工する前提でライトユニット側の固定金具を作成して取り付け位置を確認します。
ライトユニットがライトステーやフォークのアウターチューブへの接触箇所が無いかを調べます。
ハンドルを切った時にライトユニットと接触しない位置まで奥に入れる様に配置します。

L字アングル加工 下側

f:id:t595bb1:20211020150009j:plain

市販のアルミ板やアングル材を使うため複雑な形状の一体式のホルダー作成は難しいです。簡単な組み合わせとしてライトユニット上下の固定箇所にそれぞれL字アングル材を配置しH型ラバーワッシャーをマウントします。上下のL字アングル材を連結するプレートを作って3分割した部品を組み合わせてライトユニットのホルダーを作成します。

L字アングル加工 上側

f:id:t595bb1:20211020145159j:plain

上側は向きを変えてL字アングル材を取り付けます。ライトステーに接触する箇所は切り込みを入れておきます。
上下のアングルを垂直方向に接続する板材を作成して中央にネジ留めします。
中央の垂直板は取り付け確認のため加工し易さを優先して2mm厚板で作成していますが、最終的に固定を強化するため3mm厚で作成する予定です。

車体側マウント部品

f:id:t595bb1:20211020145020j:plain

U字形状で狭くかつ深さのあるアルミチャンネル材は市販品では無いため3mm厚のアルミ板を深曲げ加工して作成する必要があります。
万力と当板を使ったU字形状の叩き曲げは片側を曲げてしまうと残りの角の曲げ叩きが甘くなります。当板を使って修正しますがなかなか難しいです。
何とか修正して穴空け加工を済ませて円筒部品に取り付けました。ライトユニットの支えがこの2箇所のネジ穴だけでは簡単に振れそうです。

再度位置合わせ

f:id:t595bb1:20211020145123j:plain

車体側とライトユニットがM6ボルト2本では強度不足で上下に振れるため上側のL字アングルの天板と車体側のU字材もボルトで固定して全4箇所でマウントする事にしました。

間にスペーサーを入れるか密着させてユニットの位置を下げるかは別途検討します。

マウント案1

f:id:t595bb1:20211020150409j:plain

最初は別の取り付け穴を使って上側をリジッドマウント。下側をラバーマウントにする2分割案を検討しましたが、ライトユニットが離れてしまうためこの案はボツになりました。

マウント案2

f:id:t595bb1:20211020150243j:plain

上下の取り付け部分にラバーマウントにしたアングル材を配置して上下を縦板で連結する3分割案。
この時点では奥行きを詰める構成では無いため、後から垂直部品をL字部を逆転させて取り付け位置をユニット背面に寄せる事になりました。

電池切れ

f:id:t595bb1:20211020145522j:plain

気がつけばAcewellデジタルメーターの時計表示が消えていました。電池を確認するとほぼ1年前に交換したもの。新しい電池に交換して時計表示は復活しました。

暫定取り付け

f:id:t595bb1:20211020211954j:plain

翌日は作業の開始時間が遅くなったため日暮れ直前になって漸く車体に組み込みました。

固定位置の変更

f:id:t595bb1:20211020211922j:plain

コの字のアルミチャンネルと上側のL字アングルを連結する目的で密着させました。まだ連結はしていません。
連結していないせいかライトユニットを上から押すとライトが上下に動きます。

隙間

f:id:t595bb1:20211020212038j:plain

固定位置を下げたためフライスクリーンとの隙間から覗くアルミ板が目立ちます。

フライスクリーンとライトユニットの間が空いているのでコの字アングルの上に1cm厚のアルミブロックを入れてライトの位置を上げた方が良さそうです。

次の作業

f:id:t595bb1:20211020212121j:plain

日が落ちて暗くなったので残りの作業はまた明日。

955i-2 つがね落としの滝

西彼杵半島

f:id:t595bb1:20211014141947j:plain
f:id:t595bb1:20211014141924j:plain

今日も良い天気です。
出掛けに軽い追突事故処理の横を通り過ぎて西海方面に出掛けます。余所見はいけませんね。
西海橋を渡って西彼杵半島の何時ものコースは土砂崩れ多数と草刈作業で何だかな~な様子でした。

大瀬戸町

f:id:t595bb1:20211014141446j:plain

大瀬戸町に出て池島が見える海沿いの駐車帯で今日の目的地を調べます。行き先はつがね落としの滝です。
幸いすぐ近くの様ですが山の中に入るのでGoogleマップのナビをセットして再スタートします。

河通(ごうつう)ダム

f:id:t595bb1:20211014141206j:plain

狭い林道を抜けて行き止まりの駐車スペースに955iを停めた先に滝がある様です。
川を堰き止めている河通(ごうつう)ダムを渡って看板の掛かるトンネルを抜けて遊歩道を暫く歩くと滝の水音が聴こえてきました。

螃蟹(ホウカイ)って読めませんでしたw。中国語?

つがね落としの滝

f:id:t595bb1:20211014141639j:plain

つがね(つがに)はモクズガニの事らしいですが、このところの晴れ続きのせいか蟹が落ちてくる様な水量はありませんでしたが(^_^;)。陽射しが遮られて流れる水のお陰で涼しく感じます。
近くには九州自然歩道も通っているので山歩きするのも良さそうです。

何時もの大村湾

f:id:t595bb1:20211014141727j:plain
f:id:t595bb1:20211014141814j:plain

復路は西彼杵半島を跨いで内海の何時もの大村湾撮影ポイントで一休み。風も涼しくなってきました。季節的に入道雲はそろそろ見なくても良い感じがしますw。

整備は完了ですが

f:id:t595bb1:20211014141328j:plain

走行前にブレーキとクラッチのフルード交換を行って概ね定期点検的な整備は完了しました。

今回の走行前に伸側減衰のみ2/3→1/2戻しに締めました。余計な挙動が抑えられて乗り心地は良くなったのですが、逆に加速旋回時に回りたがる感があります。

M4キャリパーのブレーキング時の踏ん張り感が欲しくて挙動を確認したかったのですが、生憎アクションカメラのSDカード不良でフォーク動作の動画が全く撮れていませんでした(^_^;)。

また次回へ持ち越しですね。

 

955i-2 空回り

道の駅 昆虫の里たびら

f:id:t595bb1:20211013101718j:plain

今日は松浦方面では無く平戸方面に向かいます。
佐々から北松やまびこロードを走って田平(平戸の手前)まで。
平戸を望む海側に降りる道を探してみようと適当な道を左折したら狭い林道を通って南の江迎湾の方に降りてしまいすごすごと引き返しましたw。

何時もの波止場で

f:id:t595bb1:20211013101811j:plain

田平から江迎町に入ると潜龍酒造の蔵開きとかで周辺がちょっと混雑してました。
酒は飲めないので何か見る訳でも無く素通りしましたが。

帰りの道でも何か今日は気持ちだけ空回りしてる感じで上手く乗れてない午後でした(^_^;)。波止場でのUターンは普通にこなせましたが。

955i-2 いろは島

バランス取り

f:id:t595bb1:20211008070440j:plain
f:id:t595bb1:20211008070538j:plain

重い純正リムで果たして有効かは判りませんが適当に静的バランスを確認しました。今回は何度やっても軸受の抵抗に釣り合う部分の方が勝る様で5~8g程度(十円玉と一円玉の組み合わせ)。
ウエイト要らないんじゃないかな(^_^;)。取り敢えず1箇所に5gを貼り付けて完了です。
ホイールが回転を止めるまでは暇なのでw、Triumph純正ヘッドライトボウルにLEDライトのH4ソケットが入るか確認してみました。
残念ながら純正ヘッドライトはH4バルブの差し込み口がハロゲンバルブガラスを通すより少し大きい程度の大きさのため冷却ファンを装備するLEDライトは入りませんでした。
1号機はライトユニットがPOSH製でこちらは装着可能です。

 

大浦の棚田

f:id:t595bb1:20211008070602j:plain

午後からちょっと散歩に出掛けます。
伊万里を通り過ぎて福島を迂回して唐津市の南部に当たる肥前町まで。
国道を途中で海側に降りて大浦の棚田へ。
7年前の今日にブルベ鷹島200kmでここら辺を走ったのを思い出したので。あの時は鷹島からの帰り道は無茶苦茶な強風でしたが、今日はそよ風程度です。

いろは島海水浴場

f:id:t595bb1:20211008070632j:plain
f:id:t595bb1:20211008070656j:plain

f:id:t595bb1:20211008070712j:plain

大浦から満越をそのまま下って国民宿舎の傍にあるいろは島海水浴場へ。対岸は福島です。海水浴場は橋を渡って島の方にあります。

海水浴場とは反対側は国民宿舎のプライベートビーチ?みたいな整備された砂浜です。
引き返して来る途中で海水浴場側の砂浜を見ると向こうには着ぐるみと撮影スタッフが2人ほど。ケーブルTVの車が止まっていたのでなにかの撮影でしょうか。
遠目にみると耳の付いた青いアレwみたいな着ぐるみでしたが(^_^;)。

いろは島展望台

f:id:t595bb1:20211008070737j:plain

いろは島海水浴場を出て標高を上げて山の方にあるいろは島展望台に向かいます。
ここからは先程居た海水浴場を含めていろは島の全景が見渡せます。

フロントフォーク調整中

f:id:t595bb1:20211008070419j:plain
f:id:t595bb1:20211008070818j:plain

帰宅してから各部をチェックします。

現状のフロントフォークですが以前より安定感が増して路面の急な凹凸の吸収性も良くなり満足しています。
ただ緩やかで大きな凸面に対して圧側減衰が強いせいか直進中に若干突き上げがあるのと不整路面からの振動も強くなっています。
伸側については立ち上がり加速時に若干気になるところがありますのでやや調整が必要かもしれません。伸側減衰だけの問題ではない可能性もあるので。

ダストシール到着

f:id:t595bb1:20211008070858j:plain

発注していたリンク周りのダストシールが到着しました。10個以上頼んでも1台分しかありませんけどね(^_^;)。

955i-2 試乗中にて

片島魚雷試験場跡地

f:id:t595bb1:20211006093945j:plain

10月に入ってからも暑い日が続きます。今日も暑かったのですがリヤタイヤ交換してフォークの調整もやりたいのでちょっと走ってきました。
フォーク調整とリヤタイヤの慣らしを兼ねて川棚町の電子スタンプを集めてみようかと片島魚雷試験場跡から川棚方面へ2号機を走らせます。
しかし街中の狭くて判り辛い場所に集中してレンガ倉庫や資料館とか公園を探して町内をぐるぐる回っていたらこの暑さのせいか頭痛がするので引き返す事にしました。

川棚港

f:id:t595bb1:20211006094035j:plain

港の傍にあるレンガ倉庫って大きな建屋を想像して探していたら住宅に囲まれた奥まった場所にあって諦めました(^_^;)。ほんと良い天気過ぎて陽射しがきついです。

三川内のコスモス街道

f:id:t595bb1:20211006094126j:plain

f:id:t595bb1:20211006094434j:plain
f:id:t595bb1:20211006094606j:plain

川棚から帰る途中に寄り道して三川内にあるコスモス街道のコスモスを見に来ました。
今年はまだ満開には早い感じでした。
周辺の田んぼでは稲の刈り取りが行われていました。

フォーク調整中

f:id:t595bb1:20211006094243j:plain

川棚から波佐見を経由して三川内まで戻る途中で新品タイヤのふわふわ感が収まってきたので緩めていた減衰アジャスターを2/3戻しに上げます。

伸側のシムスタックはGSX-R600用の正立フォークの純正段階ではかなり硬めの仕様で組んであったのに合わせてGV仕様も同様の仕様にしています。SFFでは片側のみですから減衰アジャスターの変更でも硬さは感じません。

  伸側シム          
  純正仕様   初期仕様   GV仕様  
1     ナット      
2     12.7x2.0 1    
3     11.3x0.4 1    
4     10x0.4 1 9x0.30 1
5     9x0.15 1 11x0.10 1
6     10x0.10 1 13x0.10 1
7     11x0.10 1 14x0.15 1
8     13x0.15 3 15x0.10 1
9     15x0.10 1 15x0.15 1
10 13x0.15 4 16x0.10 1 16x0.15 1
11 17x0.15 5 17x0.15 5 17x0.15 5
12     バルブ      
13     17x0.4      
14     ウェーブワッシャ付きキャップ      

想定する高速用シムは純正シムと同じ17x5枚で変更はありませんが、以降のフォローするシム径と厚みを変更しています。大きな階段を小さな階段状に分けた感じです。
赤色の部分は高速側をフォローするシムスタック。緑色は低速側のフォローシムスタックと勝手に想定しています。
現状は伸側だけですが今後の進捗次第では圧側シムスタックにも手を入れるかもしれません。

フォーク設定の印象

f:id:t595bb1:20211006094652j:plain

動画では若干沈み込みが大きい感じもします。アジャスターを2/3戻にしたフォークは路面の凹凸に対する衝撃が強くなりましたがしっかり吸収して安定しており安心出来ます。


www.youtube.com


1号機の32mmショートオフセットステムとは異なりリーンの車体の動きとステムの舵角の付き方は純正の40mmオフセットのステムでは切れ込みが少し強い感じは残っていますがハンドルに力が入る程ではありません。

正立フォークの頃は舵角の付き方が若干切れ込みが強い場合もあり少し癖がありました。
もう暫く設定を調整してみたいと思います。

しかしこの暑さはなんとかならんものか・・・(^_^;)。