T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i 車検合格

続き:チェーン清掃

塗布した薬剤が効いてくるまでのチェーン清掃作業の合間に溜まったスプレー缶なんかを大型のゴミ袋に詰め込んで燃えないゴミ出しに。

大した作業時間でも無いと蚊取り線香を焚かずにワイヤリング作業してたら、あちこち刺されました(^_^;)

続き:ブレーキ清掃

点検記録簿に記載するためパッドの厚みとタイヤの溝深さを確認するついでに前後キャリパーの清掃を行いました。

リヤキャリパーのピストンがダストシールが固着したのかメタルラバーで潤滑してからでないとピストンが回りませんでした。フルード交換作業でブレーキペダルを踏む分にはリヤブレーキはちゃんと機能しています。

前回O/Hしたのは2020年6月だった模様。大した距離も走ってないせいか駐車時間が長いとシールの硬化も早いのかもしれません。車検が終わったらO/Hですかね。

フロントキャリパーはフォーク交換時にまとめてメンテ・清掃しているため、今回はブレーキダストなどの汚れ落としのみにしました。

準備完了

バッテリーを充電して、車検予約システムへの受検登録や納税証明書や点検記録簿への記載も完了して車検の準備は完了しました。

残る光軸は弄り過ぎてテスターじゃないと正確な光軸が判らないので、検査ライン前に自動車振興会のテスターを利用する積りです。

車検中

天気予報を確認したら来週から梅雨入りでずっと雨マークが続く感じでした。そこで早めに受検して車検を通す事にしました。

光軸チェックの時間を取るため第二ラウンド(10:30~)を予約して9時過ぎに出掛けました。

提出書類に入れた納税証明書が去年のだったり、OCR読取りで検査表と継続車検の書類をまとめて印刷するチェックを入れ忘れて、2回目の印刷は何故かOCRスキャナーがなかなか上手く読み取れず5回ほどスキャンを繰り返したりしました。

検査ライン前に自動車振興会の光軸テスターで大きく下がっていた光軸を調整してから検査ラインに移動しました。何故か検査ラインには他には誰もいませんでした。

程なく2ラウンドが始まり検査開始です。

1号機は元々のハンドル幅がセパハン並に狭いバーハンドルが装着されていた関係上、73cmしかありませんが、セパハンでは問題ありません。高さもスクリーン上端でOKでした。車体と灯火・ウインカー類のチェックも滞りなく終わり自動検査ラインに移動します。自動検査ラインでは速度センサー位置やライト数をボタンで選択してからテスター位置まで移動し速度計・前後ブレーキ動作と光軸テストを実施し問題無く終了しました。

車検合格

今回、bb1へのブレーキシステム移植に伴い急遽1号機のフォーク・ブレーキ類を交換したりカウルなど外装を変更し、点検簿への記載を実施しました。

特に指定/指定外部品で車検証寸法を変更するものでは無く改造申請は不要でしたし、点検記録簿の記載内容について確認もありませんでした。

夏日か

手続き関係で窓口までヘルメットを持っていくのも面倒だったので駐車したバイクの上に置いてましたが、戻ってきてヘルメットを触るとかなり熱くなってました(^_^;)

今日は外気温30度を越えそうですね。

帰宅してICチップ内のデータを読取ってみたら、4000km弱しか走っていませんでした。bb1に次ぐ走行距離ではありますがw

955i 車検準備中

車検満了日?

ICチップ化した小さい車検証には車検満了日の表記がありません。

スマホに車検証アプリを入れておけば通知はされます。

どうでも良いけど、スマホ持ってないと人に非ずとか言われるのかねぇ?w

今回はスピードトリプル1号機の車検ですが、2号機の車検後にカウル外装を入れ替えたりハンドルをセパレートに変更したため車体寸法と光軸は一からやり直しです。

カウルは指定部品の固定的取り付け方法で行っていますので改造申請は不要です。指定外部品の代表格wのハンドルについてはハンドル幅は調整可能ですが、高さがリザーバータンク上面の場合は許容範囲の4cmの範囲を越えています。ただカウルスクリーンの方が高いのでそちらでの計測となると思います。

大昔と違って大掛かりな改造申請ではなく指定外部品のハンドル交換に伴う車体寸法の記載変更(構造変更)で済むのですが。

まずはプラグ交換から

手間が掛かりそうなのは燃料タンクを外すのとリヤサスのリンク脱着なので、先にプラグ交換とエアフィルターチェックを行います。
焼け具合は電極の周りは綺麗に焼けていますが、周辺の碍子などは1番が焼け気味真っ白、2番が普通な感じで3番が被り気味は以前と変わらず。全て新品に交換しました。
エアフィルターはフィルターオイルの赤色は薄くなっておらずメンテは不要でした。一応、埃被ったエアクリーナーボックスとヘッドカバー類の汚れ落とし。

残る作業は

蚊というか色んな虫が翔んでくるのでw、蚊取り線香を焚きつつ作業を続けます。

残る作業は以下の通りです。

・ライトハルブをハロゲンに変更。光軸再調整
・メーカーラベルの付いた純正サイレンサーに交換
クラッチフルード交換
・前後キャリパー清掃とパッド厚み測定
クーラント交換
・リヤサスリンクのグリスアップ
・タイヤ溝測定
自賠責更新

オイルは去年の9月に交換。フロントフォークとステムはBPF変更時に確認済み。

youtube.com

残作業中

何か細々した加工作業が出てきて作業進まず。
・ハロゲンバルブ交換だけの筈がユニット内部のカバーとリフレクター清掃と追加でH4ソケットが緩かったので爪加工
クラッチフルード交換(ブレーキはBPF変更時に交換済み)
・ライトスイッチ交換(常時点灯スイッチBOX)

・純正サイレンサー交換(Triumphメーカー印を必ず確認されるため)

作業前準備

前回2号機の車検時に手持ちのハロゲンの光量が弱い感じでした。また保管してあるクーラントも全量交換するには不足していたため、近所の用品店でクーラントと高効率のH4ハロゲンバルブ(車用)を購入しました。

お次は保険屋さんで前回よりは少し安くなってる自賠責保険の更新して、また値上げするらしいガソリンの補給に出掛けます。

クーラント交換

午後からクーラント交換とウォータポンプ内部に錆が出てないか確認して、新しいクーラントを補給しました。

後はハロゲンバルブを新しいものに交換して本日の作業は完了です。

youtube.com

液体そのままでは保管するにも色々不都合があるのでトイレ処理剤に使う高吸収性樹脂を入れてゲル化しておきました。

車体寸法調整

本日は雨模様です。滴り落ちる水滴を避けつつ作業を行うテントの下は蚊対策に蚊取り線香を炊いてます。
今日はカウル装着とハンドル交換で車検証の数値との差異を確認しました。
ハンドル幅は調整範囲内で記載事項の通りで問題ありませんが、高さはスクリーン上端かリザーバータンク上面のどちらか。ラジアルマスターのレバーとカウルの接触回避のためハンドルの高さ制限一杯では103cm弱。リザーブタンクのステーをホースに無理の無い感じで伸ばして105cm弱。スクリーン上端は106cmで±4cm範囲内でした。取り敢えずどちらで計測されても良い様にしておきます。

後はカウルのカットが適当で左右の長さが違ってマスターのバルブが当たっていたためリューターで余りをカットして合わせておきました。

リヤリンク給脂

今日は晴れて暑くなってきました。それでも風は涼しいので面倒な作業を片付けます。

リヤサスペンションリンクを取り外して内部を給脂します。

ジャッキスタンドで車体を上げてボルトを緩めてリンクユニットを取り外します。

外観を洗浄して内部のベアリングとダストシールの点検とベアリングへのグリスアップを行います。
ニードルベアリングにはシマノのベアリンググリス塗り込み
ダストシールには防水シリコングリス塗り込み

グリスアップが終わったらシャフトを戻してリンクユニットを取付けていきます。
サスペンショントップボルトとスイングアームマウントボルトは35Nm締付け、リングボルト3本ともトルク56Nm締付けておきます。
リンクには鉄製インナースリーブが入ってますし、調整用のシムでフレームやリンクアームのマウント部分との隙間は調整済みです。純正の標準値よりはちょっと緩めに。試走して調整します。

残る作業は

 

見落としてたので追加しました。

・リヤブレーキフルードの交換とキャリパー清掃

・チェーンの清掃と給脂・チェーン調整

・前後キャリパー清掃とパッド厚み測定
・タイヤ溝測定

955i エアバルブ交換

エアバルブ交換

Φ8.5mmで在庫在りのエアバルブが2日で到着。FCRセッティングマニュアルも一緒に到着。

一般的には定期交換部品みたいですが、今までは特に問題が無ければ交換した事は有りませんでした。

後輪を外してビードブレーカーでタイヤのビードを押し下げて古いバルブを交換したいのですが、ナットを回そうとバルブ本体を固定する大型マイナスドライバーを先週ブレードを折ってしまいそのままにしていたのでした。

まあバルブ自体からエア漏れしているため再利用出来ませんから、ロックプライヤーでバルブ本体を掴んでナットを緩めます。

ワッシャーをマイナスドライバー代わりにロックプライヤーで挟んでバルブ本体を外して新しいエアバルブを入れます。

ゲイルスピード エアバルブ

新しいエアバルブはゲイルスピードのΦ8.5mmのストレートエアバルブです。ブッシュにシリコングリスを塗ってバルブ本体に戻しておきます。

リヤホイールをストレートバルブ継続で同時に購入したL字バルブにしないのは手押しポンプのクリップ径が大きくてリヤの幅広リムに当たると傷が入るからです。

純正?バルブより短い全長30mmで5mm厚のブッシュがリムに密着します。

純正?の薄いパッキンと比較するとゲイルスピードの分厚いブッシュを見て少々困った事が。

ゲイルスピード付属の取説にはナットやブッシュの向きだけで締付トルクの記載はありません。

バルブ本体をワッシャーで手締めしてリムに密着させます。それからナットでリムを挟んで締め付けますが、締付けトルクが低くても画像の最下部の様にブッシュ自体はかなり柔らかい感じ潰れます。

取り敢えずマルケジーニの締付トルク(4~6Nm)を参考にしますが、それでもブッシュが潰れ過ぎて切れてしまいそうなので、一旦緩めてバルブが動かずナットが緩まない程度の最弱にしました。

それから手押しポンプでエアを2.9Barまで入れてバルブ周辺からのエア漏れが無い事を確認して暫く放置しておきました。特にエア漏れは無さそうです。

お買い物

近所のアストロプロダクツまで壊したマイナスドライバーを補充しに955iを走らせます。

ついでにフロントフォークの設定(プリロード・圧側減衰)を少々変更して更に増えた前荷重に対してステムの動きを安定させます。

それとアクションカメラのマイク音質改善(ウインドジャマーにピンホール開けただけ)対策を行いました。少しはエンジン音がクリアになった様な。


www.youtube.com

帰ってリヤタイヤのエア圧が下がっていない事は確認しました。

翌日ACTIVEに締め付けトルクに関して問い合わせメールを送っておきました。

955i エア漏れ

ハンドル交換

連休が明けた平日の夕方。

1号機のハンドルをバーハンドルからセパレートハンドルに交換しました。

以前からセパレートハンドルにしたりバーハンドルにしたりを繰り返してましたし、Hayabusaのステムに変更してから一時期Hayabusaのセパレートハンドルを使ったりしていました。

どちらもメリット・デメリットがありますが、交換自体はただの気分屋ですw。

1号機にカウルを装着してフォークスプリングも変更したので、前傾姿勢にする事でカウルの効果を上げるのと前荷重を更に増やしてみてBPFフォークの再度セッティングする事にしました。

youtube.com

ポジション変更

レバー類がカウルに接触しない位置までハンドル固定位置を下げ、トップブリッジ面に対してハンドル垂れ角を0度にしてグリップエンドを上げて前傾姿勢をなるべく緩やかにします。セットバックされたバーハンドルから比較すると前傾姿勢はbb1と変わらない感じになりました。

前傾姿勢に合わせてステップを1cm後方に移動し、シートが滑り易いためbb1に使う予定だったタンクの滑り止めパッドを貼ってブレーキングで身体が前に滑らない様にしました。

試走中

元のバーハンドルのバーエンドが移植出来ない事が判明して、取り敢えずバーエンドを買いに近所の用品店まで走ってみます。いつもの波止場から用品店に移動してPOSH製の汎用バーエンドを購入。

bb1よりタンクが長いため前傾姿勢は大きくなりましたがbb1よりは脚の曲がりに余裕があるせいかキツさは感じません。

前輪の微妙な動きが判るせいか少々動きが敏感で良過ぎる感じ。極低速→一時静止でのバランス取りとUターンでのハンドルバーとタンクの隙間が狭くて手首が当たります。

エア漏れ

以前から1号機のリヤタイヤの空気圧が徐々に漏れているのは判っていましたが、漏れてる箇所が不明のため、簡単なエアバルブコアを交換してみました。

もっとも在庫のエアバルブは新品でもかなり古いものですし、交換済みのコアもあるためあくまで原因調査のためです。

2日後確認すると以前より漏れが酷くなっていましたw。

交換後バルブからのエア漏れを確認するために中性洗剤を混ぜた水を掛けてみます。普通はバルブ穴だけですが、量が多くて外側に漏れてしまいました。そうしたらバルブの外側からもエアが漏れています。

エアバルブ自体を交換する必要がありますが、海外製のマグホイールは純正の11.5mmより穴径が小さい8.5mmになります。在庫の有るのを確認してゲイルスピード製品を発注しておきました。

部品が届くまで1号機も暫くお不動様ですね(^_^;)。

youtube.com

 

955i/955i-2 動態確認中

1号機試走中

新しいアクションカメラの試写とBPFに入れた9.0Nスプリングのテストを兼ねて試走中。新しいカメラには画面水平維持機能が付いてて迫力が増しました。

外装を交換してYZF-R6カウル装着したためフロント側に約3kgの重量増となりました。動作に落ち着きが出てきたため、今回もフォーク設定は変更ありません。

こちらは古いアクションカメラの画像。

9.0Nスプリングに変えたBPFは左右の動きや上下動に良く反応する様になり、カウル追加前と較べてハンドルに伝わる前輪の動きが判り易くなりました。ギャップ通過時の突き上げ後の収束も良好です。ただし一般道だし低中速のみ確認となります。

ダム公園の駐車場で一休み。休日のせいか沢山のバイクが行き交っていました。

デジカメだとカウルとタンクとの色味の違いも無くなり、YZF-R6カウルは違和感無く収まっています。

2号機動態確認中

外装を移植してから走らせずにブレーキディスクが錆びてきた2号機で西海橋方面に走らせました。アクションカメラの風切音対策テストもついでに。

上の新しいアクションカメラの画像は赤みが絞られており、下のスマホコントラストが強くて赤みがオーバー気味になる画像と較べたら地味な感じです。動画だと更にアンダー気味になります。

youtu.be

抹茶風味

天気は良かったのですが風が強くて肌寒いので帰りにコンビニに寄って暖かいコーヒーでも。宇治抹茶祭り中でついでに買った濃い宇治抹茶メロンパンの凄い甘さをコーヒーで誤魔化しながら戴きましたw。

風切音対策テスト

新しいアクションカメラにアルミ製のクイックリリースマウントを使って固定したため短時間で脱着が可能になりました。脱落しない様に固定状態には注意していますが、今のところ手ブレ防止機能と相まってかなり画質が向上しました。

ただ内蔵マイクのみを使っているせいか前面のステレオマイクに当たる風切音対策に隙間テープや風防を取り付けてはいますが、かなり音質が悪いのは脱着の手間を考えたら致し方ないかもしれません。


www.youtube.com

ツツジ

いつもなら長串山公園ツツジ祭り前に裏道経由で満開のツツジを撮影に行くのですが、今年は時間が取れず近所の貯水池ダムと低山キャンプ場の駐車場でお茶を濁しましたw。

風防の形状を変えたりしましたが、アクションカメラの風切音対策の効果はあまり変わらず。

4年目

今年中には4年目のタイヤ交換したいのですが、距離は延びません。

ステムを変えて短いオフセットとBPF/BFFの組み合わせで乗っていた1号機ですがスプリングを変えてから、フロントタイヤサイドへの負担が増えている気がします。

偏当たり調整

暫く放置してたのでブレーキディスクが再び偏当たりしていました。bb1や1号機と比べるとピストン径が大きいM4キャリパーはロールバックが小さく若干引き摺りが出る感じ。アクスルシャフトが片側ネジ頭でシャフト自体の動きが判り難いアクスルシャフトをなんとか調整した結果、左右の突き出しの差は最大0.5mmになりました。

youtube.com

 

 

955i 60000km記念テスト

試走中

大雨の後で何とか天気が回復したので西彼杵の山道へ。

路面は大半は乾いてましたが、山浦ダム方面はドロドロ(^_^;)。
昨日の大雨で木の半分ほどの桜の花が落ちて半分桃色、半分緑色になっていました。

プリロードを半回転緩めて5回転締め。伸圧はまだ変更せず開放気味にしています。

フルブレーキでボトムまで深く沈むところまで確認。奥まで残さずリーン手前でリリース。
NISSINキャリパーの無効ストロークが少なく微妙なレバー感覚で早めに沈み込みからのリリースがちょっと早い感じ。ひょっこり戻る。

の後のリーンのキッカケもハンドルが切れる感じが曖昧で、以前よりはリーンして旋回するもののフロントからと言うよりリヤが曲がりだしてフロントが後から追いかける感じ。

もう少しスプリングの動きを確認してから突出しと伸圧減衰を変更する予定。


www.youtube.com

60000km記念テスト

今年も杖立温泉の鯉のぼり祭りと宗像大社のツールドムナカタの季節になりましたのであまり使いたくない高速道を走ります。

そこでETCの付いてる1号機の60000km記念テストとして、取り付け出来ない余分なETCには無駄金は使いたくないので、高速道でミニカウルの効果を確認するため2号機のカウルを1号機に移植する事にしました。

 

フロッグアイとミニバイザーの1号機で高速道路を走行すると2つのヘッドライトに当たってかなり風が巻き込みます。

風圧は大した事はありませんが、ヘルメットに巻き上がる風切音のせいで、かなり酷い耳鳴りが残ります。

2号機にはT595のフルカウルを装着したりして最終的にYZF-R6(5EB)のカウルになりました。昔はスポーツ仕様の1号機に対して、2号機は長距離ツーリング仕様にする積りでしたが、bb1も増えて955iの走行距離は伸びないし長距離ツーリングに行ける時間がありませんでしたが(^_^;)。

車体は同じですが、2号機のヘッドライトステーはストリートトリプル用を延長しており、1号機はハヤブサのステムを移植しているため削り落としていないステアリングダンパーのマウントアームのクリアランスなどを確認する必要がありました。

移植後

欲を言えば最初のBPFの頃みたいにハンドルバーもハヤブサセパハンに替えて前傾姿勢を楽に取れる様にした方が良いかもしれません。

日田まで

週末、二輪定率割引に登録して日田まで九州道を走りました。カウルの効果は大きく快適に走り切る事が出来ました。

ただし日田インターを降りた途端に雨が降り出して、行く先の山間が真っ白な雲に覆われてるのを見て引き返しました(^_^;)。目的地の杖立温泉まで行けず。

再調整中

2号機と同様にAcewellのデジタルメーターがスクリーンに当たってますが、ステーに挟んであるだけの片側が風圧で押されて下がってしまうため、穴を開け直して位置を下げました。収納してあるコネクタを引き出してポジションLEDを配線しました。

1号機と2号機はトライアンフ純正のヘッドライトステーを使っていますがカウルとヘッドライトユニットで約3kgほどの重量増になるため補強用のステーを追加しています。ステーの長さが異なるためスペーサーを追加しました。光軸が高かったらしく再度ヘッドライトユニットの仰角を調整しました。

2号機は

1号機の外装をそのまま移植しました。

955i 60000km

60000km

買い物のついでにスプリングの感触を確かめて近所を回ったら60000kmに到達しました。2014年3月末に16000kmで購入してからですから、まあ遅々たる歩みですね(^_^;)。

満開の桜

近所の桜は満開でした。これから雨予報なので見納めかもしれませんね。

9.0Nスプリングに代えて

スプリングレートを落として街中の速度でもフロントが良く動くので寝かせ易くはなったけど舵角がちょっと曖昧でグッと曲がる訳では無い感じ。ちょっとプリロード締めたけど反応は変わらず。
補修跡の多い住宅地の道路では車体が旋回中でもギャップ踏んだ際の衝撃は穏やかでハンドルの突き上げは軽いです。良くある車線の中央にある盛り上がったマンホールとかに真っ直ぐ乗り上げた時は流石に突き上げがきます。
ああ、そういやタイヤMichilin Power5は購入して2年間放置してた2020年製造でしたw。全然溝は減っていませんが4年目の賞味期限は間近な感じ。

また気になるのは強めの制動時にディスクからレバーに細かい振動が伝わります。以前こんな感覚があったかは覚えていません。ジャダーほどでは無くレバータッチも変わらず。ディスクかパッドか。後ちょっと引き摺り感があるから後でキャリパーを外して確認します。一度フォークを外して組み立て直すと微妙に位置関係も変化するので再調整は必要ですね。

x16レバー

今となってはピボット支点可変のマスターが有りますが、レシオ変更のレバーを造っているところはACCOSSATO位かもしれません。ブレーキとクラッチ用にロング/ショートレバーと色・種類も豊富に揃ってますが、文字が逆様になる事を気にしなければブレーキ・クラッチそれぞれ互いに転用出来るのでそんなに需要無いような(^_^;)。

最初は油圧クラッチ化した2台の955iのクラッチレバー握力低減に購入しました。角の落とされたレバー形状も気に入っています。

まあ16mmの場合、マスターのプッシュロッドがそれなりに斜めになるのでマスターシリンダーのシールへの圧力に偏りが出そうな気がしないでないです。握り切るクラッチよりはピストン比の大きいブレーキマスターの方です。

bb1のブレーキレバーに1本転用したため、今回3本目を購入しました。