T595デッド・エンド・ストリート

古いバイクの記録です。Yahoo!ブログより引越し。

955i BFFに交換中

BFFに交換

f:id:t595bb1:20210423222139j:plain

昨日の杖立温泉往復の汚れもそのままにBPFをBFF+330mmディスクに交換作業を行いました。
今回は330mmディスクは取付面オフセットが15mm→10mmに減るためホイールのオフセットスペーサーで調整する以外は特に面倒な手間は掛かりませんでした。

ハヤブサのトップブリッジカバー

f:id:t595bb1:20210423222112j:plain

ハンドルバーごと置いておけるのでフォークの交換作業が捗ります。
前回の仮留め確認時にサグが多目だったので突出しを2mm程減らしてみました。

突き出し :17.0mm(トップブリッジ上面からトップキャップまで)
1G取付長 :702mm(トップブリッジ上面からアクスルまで)
1G状態サグ:23mm(122-99mm)

この時のフォーク設定は入手時のままです。
プリロード:最弱から6回転締込(標準6)
伸側減衰 :最強から2.15回転戻し(標準2.15)
圧側減衰 :最強から3.15回転戻し(標準1.0)

油面   :未計測(標準160mm)

330mmディスク

f:id:t595bb1:20210423222104j:plain

今までのディスクは214mmに広がったステムに合わせて748R用深オフセット(15mm)に左右4mmのスペーサーを追加してディスク外-外143.5mm位でディスクセンターを出していました。
新しく購入したのはPCDDucatiの旧916系ホイールにマウント出来るAprilia RSV4 RF用330mmディスクです。オフセット10mmに減るためスペーサーを増して調整します。BSTホイールに装着している4mmスペーサーまで取外して厚みの異なるスペーサーを入れ替えて最終的に9.5mm厚の下駄を履かせました。強度を考慮して作った鉄製スペーサーは錆が発生していました(^_^;)。

ディスク端の確認

f:id:t595bb1:20210423222055j:plain

左330mm/右320mmディスクのパッドとの位置関係を確認します。キャリパー・ピストンはだいぶ汚れていますが適正位置になった様です。

昨日の

f:id:t595bb1:20210423222119j:plain

九州道を日田まで往復したせいでバイザーとシールドにぶつかってひしゃげた虫がこびり付いています。
明日にでもちょっと洗車してから試乗します。